MENU

忙しい社会人にもピッタリな英会話の勉強法があります!

英会話 勉強法 社会人

 

英語力の重要性は、年々増してきています。
多くの企業が英語力を社員に求めていますし、その基準も上がっています。

 

日本人の場合、英語力で特に欠如しているのが英会話力です。
読み書きはある程度できる人が多いのですが、英会話が不得意な方が多いです。
受験勉強の中で学ぶ機会が少ないのが、その原因だと言われています。

 

一般的に英会話は難しいと思われがちですが、誤解です。
読み書き同様にきちんと勉強すれば、上達できる物なのです。

 

このサイトでは、忙しい社会人でも実践できる英会話の勉強法をご紹介します。

 

英会話を勉強する上でのポイント

 

愚直に勉強するのも良いですが、効率が悪いです。
勉強にはコツ、ポイントが存在します。
英会話を勉強する場合にも、上達するためのポイントを抑えるべきでしょう。

 

英会話の場合、以下の2つが短期間で上達するためのポイントです。

 

  1. 毎日英会話の勉強をする
  2. ディクテーションを活用する

この2つです。
順番にそれぞれについて、詳しくご紹介していきますね。

 

毎日英会話の勉強をする

 

第一のポイントが、英会話の勉強を毎日やることです。

 

理由ですが、英会話は勉強時間に比例するからです。
受験勉強にしろ、TOEICにしても勉強時間とスコアが比例関係にあります。
その意味からも、英会話は毎日勉強するべきです。

 

語学留学、海外で生活した人は英語が上手になりますよね。
あれは、現地では毎日英語に触れるからです。
外国人の恋人を作るのが一番良いなんて言われたりもしますが、それも英語を毎日聴くことが出来るからです。

 

ディクテーションを活用する

 

第二のポイントが、ディクテーションを取り入れることです。

 

聞いたことが無いかもしれませんが、英会話学習方法のメソッドの1つです。
通訳の方なども取り入れている、効率が良い英会話の勉強法だと思ってください。

 

どういうものかというと、聞こえてきた英語を文字にするというモノです。
英語って同じ発音でも意味が違うものや、単語がくっついて省略される物があります。
ディクテーションをやることによって、それらに関しても聞き取れるようになってきます。

 

凄く有効な方法なのですが、1つ欠点があります。
それは、凄く面倒くさい方法ということです。
特に初めての場合、いちいち手で文字に書き起こすのが億劫に感じる方がいます。
相性が別れるメソッドですが、効果は抜群です。

 

社会人でも実践できる英会話の勉強法

 

英会話学習のポイントの次は、具体的な方法です。
社会人の場合、普段は仕事がありますよね。
限られた時間の中で勉強をするのですから、ツールを使うのが良いです。

 

今は書籍等も充実していますけど、独学は効率が悪いです。
出来る限り、ツールを使うことをオススメします。

 

中でも、今一押しのものがスタディサプリENGLISHの日常英会話コースです。
これは優秀なツールで、社会人の方にもピッタリです。

 

毎日勉強時間を確保できる

 

まず、毎日英会話の勉強時間を確保しやすいことです。

 

スタディサプリENGLISHは、スマホで学習することが可能です。
隙間時間でも勉強できるようになっていますから、通勤中の電車の中でもOKです。

 

好きな時に勉強できるので、社会人には凄く便利だと思います。
教材の携帯は荷物になりますし、ラジオ英会話等は時間が限られています。

 

ディクテーションが簡単に出来る

 

次が、スタディサプリENGLISHではディクテーションが採用されていることです。

 

特筆するべきなのが、このディクテーションを簡単に出来ることです。
本来文字に起こすので面倒な部分がありますが、スタディサプリENGLISHの場合はタップで入力すればOKです。
簡単ですから、初めての方でも取り組みやすいです。

 

料金が凄く安い

 

最後の理由が、圧倒的な安さです。

 

スタディサプリENGLISHの月額料金ですが、約1000円です。
支払い方法やパック払い等によって値段が異なりますが、大体1000円以内になります。

 

レッスンは使い放題ですから、凄く安いと思います。
もちろん、入会金等も不要です。

 

個人で英会話のレベルは異なりますが、開始する前にレベル測定があります。
ですから、会員各自が自分のレベルに合ったレッスンから開始できます。

 

一概には言えませんが、3ヶ月から半年真剣に取り組むことで英会話力が相当伸びていることを実感できるはずです。